ホンダ N BOXのカタログ・価格・燃費|新型・中古車情報

新車販売中

2017年9月発売モデル

新車価格

138.5 万円 208 万円

中古車価格

65.5 万円 219 万円

中古車の掲載台数:2,144

車買取価格

5.2 万円 149.6 万円

2015年式/20万km2019年式/5千km

全国平均の車検価格

42,540

ホンダ N BOX

モデル概要

先進の安全装備を全車標準装備した軽スーパーハイトワゴンのヒットモデル

ボディサイズの制約のある軽自動車の中でモアスペース系と呼ばれ、広い室内空間を実現しているのがスーパーハイトワゴンと呼ばれるクルマだ。その軽スーパーハイトワゴンで圧倒的な人気を誇っているのがホンダN-BOXで、2017年8月31日にフルモデルチェンジを行い、2代目となる現行型が9月1日より販売開始された。N-BOXは標準モデルのN-BOXとメッキパーツを多用し、クールな印象を強めたN-BOXカスタムの2モデルを用意している。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1790mm(4WD車は1815mm)でAセグメントに属する。2代目へと進化したN-BOXはクルマの基礎となるプラットフォームから一新。優れた走行性能と乗り心地を実現させるためのボディ剛性の向上。そして優れた燃費性能を実現するために軽量化を施している。搭載するエンジンは直3DOHCと直3DOHCターボの2種類で、直3DOHCの自然吸気エンジンにはi-VTECを採用。またターボエンジンには電動ウェストゲートを採用し、パワーと低燃費を両立している。ミッションは全モデルでCVTが組み合わされ、駆動方式は全モデルでFFと4WDを設定している。JC08モード燃費は自然吸気車が24.2~27.0km/L。ターボ車が23.0~25.6km/Lを実現している。乗車定員は4名だが、前後ベンチシートタイプと助手席が57cmもスライドする助手席スーパースライドシートタイプの2種類を用意している。安全装備はホンダの軽自動車として初めて、先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車に標準装備。衝突軽減ブレーキをはじめ、高速道路での前車追従走行が可能なアダプティブ・クルーズ・コントロールなど10の機能によってドライバーの負担を軽減してくれる。グレードはN-BOXが5グレード、N-BOXカスタムが4グレードの合計9グレードを用意し、売れ筋グレードはN-BOXカスタムG・Lホンダセンシング。新車価格は138万5640円~208万80円。

もっと見る 閉じる

ホンダ N BOX

グレード情報(2017年9月発売モデル)

ある車種の中で、廉価仕様版、高級仕様版などの等級を表す用語です。グレードによってエンジンタイプなどの走行性能、ホイールやライトなどの外装、シートなどの内装が変わる場合があり、購入価格や将来車を売却する際の買取価格にも影響します。
グレード
G EX ホンダセンシング G EX ホンダセンシング G ホンダセンシング G ホンダセンシング G L ホンダセンシング G L ホンダセンシング G L ターボ ホンダセンシング G L ターボ ホンダセンシング G EX ターボ ホンダセンシング G EX ターボ ホンダセンシング カスタム G L ホンダセンシング カスタム G L ホンダセンシング カスタム G EX ホンダセンシング カスタム G EX ホンダセンシング カスタム G L ターボ ホンダセンシング カスタム G L ターボ ホンダセンシング カスタム G EX ターボ ホンダセンシング カスタム G EX ターボ ホンダセンシング
基本情報
新車価格
159.6 万円 172.6 万円 138.5 万円 151.6 万円 149.9 万円 162.9 万円 169.5 万円 182.6 万円 174.9 万円 188 万円 169.8 万円 182.9 万円 175.2 万円 188.3 万円 189.5 万円 202.6 万円 194.9 万円 208 万円
発売年月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月
メーカー・車種・グレードごとのIDのことで、型式により、車体形状、エンジンの種類、排気量、対応排出ガス規制、保険料率等を知ることが出来ます。なお、型式が不明の自動車には「フメイ」と記載されているケースがあります。
型式
DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4
エンジンが吸い込むことができる空気と燃料の量です。一般的に、排気量が大きいほどエンジンのパワーが大きい傾向にあります。また、排気量によって「軽自動車」「小型自動車」「普通自動車」に分類され、自動車税にも影響します。
排気量
658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc
電気自動車や燃料電池車のモーターの出力の大きさ(単位はkw(キロワット))のことです。電気自動車や燃料電池車の場合、ガソリン自動車の「排気量」の代わりに、定格出力が車検証に表記されます。また、この定格出力を基準に自動車税が課されます。
定格出力
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
動力区分 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン
タンク容量 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L
自動車が走る方法の種類のことで、エンジンの前後位置と駆車輪(エンジンの動力で回すタイヤ)により、FF、FR、4WDと呼ばれる駆動方式が主流です。一般的にはFFが安価な傾向にありますが、坂道の場合は4WDの方がより安定して走行出来る傾向にあります。
駆動方式
2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4)
タイヤを回す力と速度を調整する機械のことで、マニュアルトランスミッション(MT)とオートマチックトランスミッション(AT)があります。速く走行したいときや、坂道の走行などの状況に合わせて、動力を効率よく伝える役割を担っています。
ミッション
CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT
ハンドル
ハンドルを目一杯切って旋回した際に、外側のタイヤの中心が描く円の半径のことです。最小回転が小さいほどクルマの小回りが利き、狭い道やUターンなどの際は有利になります。
最小回転
4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m
寸法・重量・定員
全長 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm
全幅 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm
全高 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm
人が乗っていない状態で、燃料は満タン、オイルや冷却水等が規定量の状態にした時の車の重さを表します。車検時に支払う自動車重量税は、車両重量に対して課税されます。さらに一般の道路や橋脚、立体駐車場でも重量制限がある場合もありますので確認が必要です。
車両重量
930 kg 990 kg 890 kg 950 kg 890 kg 950 kg 910 kg 980 kg 940 kg 1,000 kg 900 kg 970 kg 930 kg 1,000 kg 930 kg 990 kg 960 kg 1,020 kg
定員 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人
ドア数 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア
オートスライドドア あり(片側) あり(片側) - - あり(片側) あり(片側) あり(両側) あり(両側) あり(両側) あり(両側) あり(片側) あり(片側) あり(片側) あり(片側) あり(両側) あり(両側) あり(両側) あり(両側)
エンジン
出力とは、車がより高速で走るためのエンジンの力の大きさのことで、一般的に馬力とも呼ばれます。最高出力が大きいほど、より速い速度で走行できる傾向にあります。
最高出力
43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000
トルクとは、車が加速するためのエンジンの力の大きさのことです。最高トルクが大きいほど、よりスムーズに加速出来る傾向にあります。
最高トルク
65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600
エンジンが吸い込む空気の量を増やす機構のことで、ターボチャージャーなどと呼ばれます。過給機によって、同じ排気量でもより大きな力を出すことができ、軽自動車など排気量の少ないクルマで、加速も重視したい方にオススメです。
過給機
- - - - - - TB TB TB TB - - - - TB TB TB TB
タイヤ
前輪サイズ 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 165/55R15 75V 165/55R15 75V 165/55R15 75V 165/55R15 75V
後輪サイズ 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 165/55R15 75V 165/55R15 75V 165/55R15 75V 165/55R15 75V
燃費
2018年10月より日本に導入された「国際的な燃費基準」です。「市街地」「郊外」「高速道路」という3つのモードと総合の4つの燃費が表示されます。
WLTC
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定した燃費データです。
WLTC/市街地
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定した燃費データです。
WLTC/郊外
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
高速道路での走行を想定した燃費データです。
WLTC/高速道路
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
「1015モード」よりも、より実際の走行パターンに近い、日本独自の燃費測定法です。2009年10月1日以降に発売された新型車には、このJC08モード燃費の表示が義務付けられていますが、2021年1月をもって記載義務が廃止となりました。
JC08
27km/L 24.2km/L 27km/L 25.4km/L 27km/L 25.4km/L 25.6km/L 23.4km/L 25.6km/L 23.4km/L 27km/L 25.4km/L 27km/L 24.2km/L 25km/L 23km/L 25km/L 23km/L
1991年に導入された日本独自の燃費測定方法です。測定するスピードが実際に公道を走るスピードに比べて遅すぎたり、加速時間が長かったりと実燃費との差が大きいことがネックとなり、2013年4月からは「JC08モード」に一本化されました。
1015
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
60km/hで実際に平坦路を走行して、その時の消費ガソリン量から燃費を算出した値です。主に1970年代に採用され、モード燃費のように国交省が審査をするのではなく、自動車メーカーの自己申告によっていました。
60km定地
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
ある車種の中で、廉価仕様版、高級仕様版などの等級を表す用語です。グレードによってエンジンタイプなどの走行性能、ホイールやライトなどの外装、シートなどの内装が変わる場合があり、購入価格や将来車を売却する際の買取価格にも影響します。
グレード
G EX ホンダセンシング G EX ホンダセンシング G ホンダセンシング G ホンダセンシング G L ホンダセンシング G L ホンダセンシング G L ターボ ホンダセンシング G L ターボ ホンダセンシング G EX ターボ ホンダセンシング G EX ターボ ホンダセンシング カスタム G L ホンダセンシング カスタム G L ホンダセンシング カスタム G EX ホンダセンシング カスタム G EX ホンダセンシング カスタム G L ターボ ホンダセンシング カスタム G L ターボ ホンダセンシング カスタム G EX ターボ ホンダセンシング カスタム G EX ターボ ホンダセンシング
基本情報
新車価格
159.6 万円 172.6 万円 138.5 万円 151.6 万円 149.9 万円 162.9 万円 169.5 万円 182.6 万円 174.9 万円 188 万円 169.8 万円 182.9 万円 175.2 万円 188.3 万円 189.5 万円 202.6 万円 194.9 万円 208 万円
発売年月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月 2017年9月
メーカー・車種・グレードごとのIDのことで、型式により、車体形状、エンジンの種類、排気量、対応排出ガス規制、保険料率等を知ることが出来ます。なお、型式が不明の自動車には「フメイ」と記載されているケースがあります。
型式
DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4 DBA-JF3 DBA-JF4
エンジンが吸い込むことができる空気と燃料の量です。一般的に、排気量が大きいほどエンジンのパワーが大きい傾向にあります。また、排気量によって「軽自動車」「小型自動車」「普通自動車」に分類され、自動車税にも影響します。
排気量
658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc
電気自動車や燃料電池車のモーターの出力の大きさ(単位はkw(キロワット))のことです。電気自動車や燃料電池車の場合、ガソリン自動車の「排気量」の代わりに、定格出力が車検証に表記されます。また、この定格出力を基準に自動車税が課されます。
定格出力
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
動力区分 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン
タンク容量 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L 27 L 25 L
自動車が走る方法の種類のことで、エンジンの前後位置と駆車輪(エンジンの動力で回すタイヤ)により、FF、FR、4WDと呼ばれる駆動方式が主流です。一般的にはFFが安価な傾向にありますが、坂道の場合は4WDの方がより安定して走行出来る傾向にあります。
駆動方式
2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4) 2WD (FF) 4WD (F4)
タイヤを回す力と速度を調整する機械のことで、マニュアルトランスミッション(MT)とオートマチックトランスミッション(AT)があります。速く走行したいときや、坂道の走行などの状況に合わせて、動力を効率よく伝える役割を担っています。
ミッション
CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT CVT
ハンドル
ハンドルを目一杯切って旋回した際に、外側のタイヤの中心が描く円の半径のことです。最小回転が小さいほどクルマの小回りが利き、狭い道やUターンなどの際は有利になります。
最小回転
4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.5 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m 4.7 m
寸法・重量・定員
全長 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm
全幅 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm
全高 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm 1,790 mm 1,815 mm
人が乗っていない状態で、燃料は満タン、オイルや冷却水等が規定量の状態にした時の車の重さを表します。車検時に支払う自動車重量税は、車両重量に対して課税されます。さらに一般の道路や橋脚、立体駐車場でも重量制限がある場合もありますので確認が必要です。
車両重量
930 kg 990 kg 890 kg 950 kg 890 kg 950 kg 910 kg 980 kg 940 kg 1,000 kg 900 kg 970 kg 930 kg 1,000 kg 930 kg 990 kg 960 kg 1,020 kg
定員 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人 4人
ドア数 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア 5ドア
オートスライドドア あり(片側) あり(片側) - - あり(片側) あり(片側) あり(両側) あり(両側) あり(両側) あり(両側) あり(片側) あり(片側) あり(片側) あり(片側) あり(両側) あり(両側) あり(両側) あり(両側)
エンジン
出力とは、車がより高速で走るためのエンジンの力の大きさのことで、一般的に馬力とも呼ばれます。最高出力が大きいほど、より速い速度で走行できる傾向にあります。
最高出力
43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 43 [58]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000 47 [64]/ 6,000
トルクとは、車が加速するためのエンジンの力の大きさのことです。最高トルクが大きいほど、よりスムーズに加速出来る傾向にあります。
最高トルク
65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 65 [6.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600 104 [10.6]/ 2,600
エンジンが吸い込む空気の量を増やす機構のことで、ターボチャージャーなどと呼ばれます。過給機によって、同じ排気量でもより大きな力を出すことができ、軽自動車など排気量の少ないクルマで、加速も重視したい方にオススメです。
過給機
- - - - - - TB TB TB TB - - - - TB TB TB TB
タイヤ
前輪サイズ 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 165/55R15 75V 165/55R15 75V 165/55R15 75V 165/55R15 75V
後輪サイズ 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 155/65R14 75S 165/55R15 75V 165/55R15 75V 165/55R15 75V 165/55R15 75V
燃費
2018年10月より日本に導入された「国際的な燃費基準」です。「市街地」「郊外」「高速道路」という3つのモードと総合の4つの燃費が表示されます。
WLTC
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定した燃費データです。
WLTC/市街地
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定した燃費データです。
WLTC/郊外
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
高速道路での走行を想定した燃費データです。
WLTC/高速道路
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
「1015モード」よりも、より実際の走行パターンに近い、日本独自の燃費測定法です。2009年10月1日以降に発売された新型車には、このJC08モード燃費の表示が義務付けられていますが、2021年1月をもって記載義務が廃止となりました。
JC08
27km/L 24.2km/L 27km/L 25.4km/L 27km/L 25.4km/L 25.6km/L 23.4km/L 25.6km/L 23.4km/L 27km/L 25.4km/L 27km/L 24.2km/L 25km/L 23km/L 25km/L 23km/L
1991年に導入された日本独自の燃費測定方法です。測定するスピードが実際に公道を走るスピードに比べて遅すぎたり、加速時間が長かったりと実燃費との差が大きいことがネックとなり、2013年4月からは「JC08モード」に一本化されました。
1015
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
60km/hで実際に平坦路を走行して、その時の消費ガソリン量から燃費を算出した値です。主に1970年代に採用され、モード燃費のように国交省が審査をするのではなく、自動車メーカーの自己申告によっていました。
60km定地
- - - - - - - - - - - - - - - - - -

ホンダ N BOX

楽天Carおすすめの中古車

楽天Car直販店 おすすめの理由

修理費1年無料!

楽天Car保証

来店不要!

車をご自宅にお届け

楽天ポイントGET

ホンダ N BOX

燃費・ガソリン平均価格情報

N BOX(G EX ホンダセンシング) のカタログ燃費を元に、ガソリン代(レギュラー・ハイオク・軽油)の目安を算出しています。

カタログ情報
「1015モード」よりも、より実際の走行パターンに近い、日本独自の燃費測定法です。2009年10月1日以降に発売された新型車には、このJC08モード燃費の表示が義務付けられていますが、2021年1月をもって記載義務が廃止となりました。

燃費

JC08モード

27 km/L

燃料タンク

27 L
燃料費計算
1,000km走行した際のガソリン代の推定総額です。「1,000 ㎞」÷「燃費(km/L)」×「ガソリン1Lあたりの税込価格(円/L)」で算出しています。

ガソリン代

1,000km走行時

5,555
1回給油した時のガソリン代の推定総額です。「タンク容量(L)」×「ガソリン1Lあたりの税込価格(円/L)」で算出しています。

ガソリン代

1回の給油時

4,050
ガソリン満タン時の推定走行距離です。「タンク容量(L)」×「燃費(km/L)」で算出しています。

走行可能距離

1回の給油時

729 km
ガソリン1Lあたりの税込み価格です。

ガソリン 単価

150 円/L (レギュラー)

※ガソリンの全国平均単価(調査日:2021/04/12)

カタログ上の燃費と実際の燃費は異なります。

楽天Carアプリなら、給油ごとに総走行距離や
給油量を記録することで

かんたんにN BOXの燃費管理ができます。

便利機能でカーライフがもっとお得に!

燃費管理

ガソリンスタンド検索

チェックイン&その他機能

楽天Carアプリ 楽天Carアプリ

車購入の記事・ノウハウ

楽天グループからのお得な情報